5,500円(税込)以上のお買い上げの場合は配送料無料
Style Guide #7
Nov 14 '23

Style Guide #7

 

カラーネップセーターとストライプパンツ

ベースとなるTシャツは白がおすすめ。

首元から白い襟がちらっと見えると、

清潔感がある着こなしに。

 

着心地だけでなく見た目も

ウォーミーなミドルゲージ編みニット。

ややゆとりのあるサイジングは、

1枚で着ても、レイヤードでも映える。

黒のほか、グレーも展開。

 

 

1990年代に、台頭したニューヨークブランドの

ディフュージョンライン(DKNYやck カルバンクラインが象徴的)。

そうしたブランドのラインナップにありそうな

カラーネップ(糸の塊によるツブツブした模様)の

リブ編みセーターが今回の主役だ。

90年代のニューヨークはヒップホップカルチャーが

80年代の黎明期から一気にスケールした時代。

アーティストや周辺にいたクルーたちは、

ワークウェアブランドやアウトドアブランドと並んで、

ニューヨークブランドの服をオーバーサイジングで

着ることを好み、それがスタイルとなっていった。

本来はオーセンティックで素朴な印象の

カラーネップセーターさえも、だ。

そして「SOUND」を今季のテーマにする

サタデーズ ニューヨークシティでは、

2020年代のニューヨークでカルチャーを作る人たち

に着てもらいたいという思いで、

このセーターをドロップさせた。

今の気分なら、ジャストサイズ~ワンサイズアップ程度の

バランスのものを選び、ボトムスはスラックスを。

あえて、クールなピンストライプのものを

合わせるのがサタデーズスタイル。

首元に白いTシャツを覗かせて、

足元はレザーシューズでなく、

スニーカーを合わせて軽さを出し。

太めのカーゴパンツでモアストリートにしてもいいし。

タイトなブラックジーンズを合わせれば、

また違うSOUNDが聞こえてくるスタイルに。

 

 

 

シワになりづらいポリエステル混素材を

使ったユーティリティの高いボトムス。

キレイめだけでなく、カジュアルスタイルのハズしにも

使える便利なやつだ。

はっきりした印象のピンストライプ柄スラックスに、

あえてVANSのオーセンティックを合わせるのがサタデーズスタイル。

スラックスの丈は、ジャストから少し短めで。

Loading...